学校紹介

学校紹介

1. 人格の陶冶※
2.有為な工業人の育成
3. 健康な社会人の育成

※陶冶【とうや】
(陶器を造ることと、鋳物を鋳ることから) 人間の持って生れた性質を円満完全に発達させること。人材を薫陶養成すること。

人格の陶冶

校歌

作詞:安西冬衛  作曲:吉田信繼

1. 百舌鳥の耳原 松風清さやに雪とかがよう
  白堊の校舎時代の光 さしそう窓に真理の道を
  究めん我ら

2. ちぬの新潮 高鳴る磯に若き希望の
  自由の学徒世紀の粋を あつむる場に工の業を
  つくさん我等

校章の由来

校章の由来

本校の校章のデザインは、外側は雪の結晶、内側はベンゼン環、外周の尖端はペン先を図案化し、中央に「工科」の文字を配したものです。
雪の結晶は純真無垢、安定と結束、そして物質の変化を意味し、ベンゼン環は化学教育を、ペン先は学究の徒を象徴するシンボルとしてデザインされています。
この校章のデザインは昭和11年に開校された大阪府立第五職工学校の校章がオリジナルで、その後、大阪府立堺職工学校、大阪府立堺工業学校、大阪府立堺工業高等学校と継承されてきた伝統ある校章です。

図書室案内

本校の学習センターとして、どの生徒にも使いやすく本に親しみ読書を楽しめる学校図書室づくりを目指しています。コンピュータが欠かせない現代の生活においては、本を読むことが少なくなっているようです。しかし、今まで気づかなかった「なるほど!!」と思うことは、本の中にいっぱい詰まっています。本からの情報は私たちの生活を豊かにしてくれます。自分に必要な情報をどのように獲得するかはとても大切なことです。本校図書室は、バーコードによるコンピュータ管理で、探したい本をすぐに探し出すことができます。そして、インターネットに接続されているパソコンが5台あり、「知りたいこと」が必ず見つかります。図書室は開架式なので自由に読むことができます。新聞や雑誌、コミックも備えているので、お昼の休憩時間にも新聞や雑誌を読む生徒が訪れます。
図書室は、皆さんの学びたい!知りたい!気持ちを全面的にバックアップします。

図書室案内

夏服 冬服

合期間 女子スラックス